/

この記事は会員限定です

日産自、起債再開にハードル くすぶる格下げ懸念

[有料会員限定]

5月に最大5000億円の社債発行枠を登録し、2016年4月以来となる社債発行の道を探る日産自動車(7201)。直近では6月中の社債発行を目指していたが、7月以降に見送ったようだ。足元で外資系格付け会社による投機的水準への格下げ観測などがあり、発行再開のハードルは高そうだ。

直近の起債検討に携わったとみられる、ある証券会社の引き受け担当者は、主幹事指名など起債に向けた正式な手続きの発表がないことを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1026文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン