/

日銀総裁「大規模な金融緩和を粘り強く続けることが適切」

日銀の黒田東彦総裁は15日、金融政策決定会合後の記者会見で、日銀に追加緩和を求める声があることについて、「海外経済に減速の影響がみられるが、物価目標である2%に向けたモメンタムは維持しており、大規模な金融緩和を粘り強く続けることが適切だ」と語った。

麻生太郎財務相が「2%目標にこだわり過ぎるとおかしな点が起きてくる」と発言したことについては、「具体的な発言は差し控えたい」とした。「2%の物価目標は日銀自らが決めたことで、これを実現することが必要だ」と指摘し、「2%に上がればいいというものではない」と語った。

春闘での賃上げの状況については「良好な企業収益や労働需給の引き締まりとともに、賃金と物価の好循環が進んでいくのを期待している」とした。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン