/

この記事は会員限定です

アジア株16時、ほぼ全面安 欧米株安など嫌気 上海株などが下落

[有料会員限定]

【NQNシンガポール=日高広太郎】15日のアジア各国・地域の主要株価指数はほぼ全面安の展開となっている。ギリシャの債務問題を巡る不透明感が強まり、12日の欧米株式相場が下落したことを嫌気した売りが優勢となっている。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を日本時間の18日未明に控えて、買いを手控える投資家も多い。

下げが目立ったのは上海株。上海総合指数の終値は前週末比で2%下落した。新規株式公開(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り663文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン