2019年6月25日(火)

第一生命HDの前期 純利益38%減 米子会社の一時的な利益の減少で

2019/5/15 17:16
保存
共有
印刷
その他

第一生命ホールディングス(8750)が15日発表した2019年3月期の連結決算は、純利益が前の期と比べ38%減の2250億円だった。前の期に米国の法人税減税に伴う米国の子会社の一時的な利益などが計上されていたため、保険料等収入は増加した一方で減益となった。

売上高に当たる連結保険料等収入は同9.4%増の5兆3440億円。本業のもうけを示すグループ基礎利益は同5.6%増の6058億円だった。20年3月期の連結業績予想は純利益が前期比0.4%増の2260億円を見込む。決算発表に合わせ280億円、2800万株(自己株式を除いた発行済み株式総数の2.43%)を上限とする自己株式の取得を発表した。取得期間は5月16日~2020年3月31日まで。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報