/

この記事は会員限定です

<東証>大王紙が弱含む 今期減益は「トイレットペーパー」買いだめのせい?

[有料会員限定]

(13時50分、コード3880)大王紙が午後に弱含み、一時、前日比17円(1.2%)安の1436円をつけた。2021年3月期の連結純利益が前期比32%減の130億円になる見通しと13時に発表したのをきっかけに売りがやや増えた。新型コロナウイルスの影響でチラシや出版物向けなどの洋紙需要が減少すると見込む。

「エリエール」ブランドのトイレットペーパ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り167文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン