10~12月期の実質成長率、年率マイナス3.55% ESP調査

2020/1/15 15:42
保存
共有
印刷
その他

日本経済研究センターが15日発表した1月の民間エコノミストの経済見通しを集計した「ESPフォーキャスト調査」によると、2019年10~12月期の実質国内総生産(GDP)の予測平均は、前期比年率でマイナス3.55%だった。前回19年12月調査(マイナス3.57%)からほぼ横ばいだった。

内訳をみると輸出がマイナス0.12%(前回はプラス0.07%)とマイナスに転じ、企業の設備投資はマイナス1.12%(同マイナス1.08%)と下振れた。輸入はマイナス1.27%(前回はマイナス1.11%)だった。個人消費はマイナス1.73%(前回はマイナス1.75%)となっている。

20年1~3月期の実質GDP成長率の予測平均では、年率プラス0.54%とプラス成長に回復する見通し。19年12月に閣議決定された経済対策は19年度の成長率を平均で0.03%、20年度は0.29%押し上げるという。

景気の転換点(山)については34人の回答者のうち、景気悪化を示す「過ぎた」との回答は11人と前回(34人中9人)より増えた。一方、「過ぎていない」と回答したのは23人(前回は25人)に減った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]