/

訪日外国人はや1000万人超え 15年より1カ月以上早く

6月5日時点

観光庁の田村明比古長官は15日開いた記者会見で、2016年の訪日外国人について6月5日時点で1000万人を超えたことを明らかにした。15年は7月15日に1000万人を突破しており、昨年よりも1カ月以上早く大台に乗せた。世界経済の先行き不透明感や円高進行、熊本地震の発生など逆風下であったものの、アジア圏を中心に訪日客は増加傾向が続いているようだ。田村長官は年間ベースで1000万人に達するかどうかに一喜一憂していた過去と比較して「隔世の感がある」との感想を述べた。

一方、JTB子会社のサーバーから最大約793万人分の顧客情報が流出したとされる問題について、「個人情報の流出の可能性が判明してから、顧客や関係行政機関への報告が遅れたのは問題で、今回の事案は大変遺憾だ」と述べた。観光庁としてJTBに対して事実関係や問題点について10日以内に報告するように指示したことも明らかにした。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン