18年度の米財政赤字、17%増の7789億ドル 減税が歳入押し下げ

2018/10/16 3:55
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】米財務省が15日に発表した2018年会計年度(17年10月~18年9月)の米財政赤字が7789億ドルと、前年度比17%(1131億ドル)増えた。赤字拡大は3年連続。米メディアによると6年ぶりの大きさで、国内総生産(GDP)比率は3.5%から3.9%に上昇したようだ。

18年に導入した大型減税の影響で歳入が0.4%の伸びにとどまった。一方、利払い費の大幅増に加え、高齢化による社会保障費などの増加も続き、歳出が3%あまり増えた。歳入が増えないようなら、財政赤字は19~20年度に1兆ドルに達するとみられている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]