/

この記事は会員限定です

<東証>任天堂、連日の大商い 売買代金4760億円 時価総額4兆円に迫る

[有料会員限定]

(大引け、コード7974)連日の大商いとなった。日通しの売買代金は4760億円と前日から457億円(11%)増え、個別銘柄としては東電HD(9501)が2013年5月に記録した4456億円を大幅に上回る異例の高水準だった。スマートフォン(スマホ)向けゲーム「ポケモンGO」人気を背景に成長期待が高まり、ほぼ全ての市場参加者が売買に関わる「全員参加型」の上昇相場が続いている。東証1部で2位となったきょう上場の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り259文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン