/

この記事は会員限定です

シンガポール株15日 続落、世界景気懸念でリスク回避 農産物大手が軟調

[有料会員限定]

【NQNシンガポール=村田菜々子】15日のシンガポール株式相場は続落した。主要株価指数であるST指数の終値は前日比31.97ポイント(1.25%)安の2523.62だった。米国で追加経済対策の早期成立への期待が後退しているほか、欧州では新型コロナウイルス対策の経済活動規制が再び強化されており、世界景気の先行き懸念が改めて意識された。米株価指数先物やアジア株が軟...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン