マネフォ、仮想通貨事業の参入延期 市況悪化やコスト上昇で

2019/4/15 15:36
保存
共有
印刷
その他

マネーフォワード(マザーズ、3994)は15日、仮想通貨関連事業への参入を延期すると発表した。仮想通貨の市況悪化や利用者保護のコスト上昇を受けて収益化が難しいと判断、交換業者の登録手続きの中止を決めた。

参入延期を受けて、2018年12月~19年2月期の連結決算で6000万円超の特別損失を計上したが、19年11月期通期の連結業績予想は変えていない。今後については「市況の動向次第で再び参入を目指す可能性はある」(広報部)という。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]