再生エネファンドに意欲 日本アジア証券・荻野会長
株の街から

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2015/1/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本アジア証券は兜町地盤の地場証券である金万証券を母体に、ユニコム(旧大中)証券や丸宏大華証券、山源証券、多摩証券などを統合して規模を拡大してきた。現在は全国で26店舗を持ち、日米株式のほか社名にもあるアジアの関連金融商品も取り扱う。荻野玲会長(72)は「環境関連事業を手掛けるグループ会社と連携し、再生可能エネルギーをテーマにしたファンドをつくりたい」と業容拡大に意欲を示す。

――証券業界を意識…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]