ヤフー・宮坂社長、一休買収「ベストパートナーに」
一休は榊副社長が昇格

2015/12/15 18:39
保存
共有
印刷
その他

記者会見で握手するヤフーの宮坂学社長(左)と一休の森正文社長(15日午後、東京都港区)

記者会見で握手するヤフーの宮坂学社長(左)と一休の森正文社長(15日午後、東京都港区)

ヤフー一休は15日、同日発表したヤフーによる一休へのTOB(株式公開買い付け)実施と完全子会社化について記者会見を開いた。出席したヤフーの宮坂学社長は、冒頭に「日本の持っている旅と食に関する可能性を、最大限に発揮できるベストパートナーになれる」として一休の買収を説明した。インターネットを通じてのホテルやレストランの予約はサービスEC(電子商取引)と呼ばれ、大きく成長している事業だという。宮坂社長は「サービスECを物販に次ぐ新しいEコマースにしたい」と意気込みを語った。

一休の森正文社長は2016年2月10日付で退任し、同社の榊淳副社長が昇格する。創業者でもある森社長は「宮坂さんやヤフーのスタッフと話していて、大変信頼して後を託すことができると思った」と話し、会社や社員が新しい環境で成長や活躍をすることへ期待を語った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]