/

ゆうちょ銀、国債保有を20兆円減らす 運用比率は51.8%に低下

日本郵政が15日発表した2015年3月期の連結決算で、傘下のゆうちょ銀行とかんぽ生命保険が保有する国債の残高が大きく減少していることが分かった。15年3月末の国債の保有残高は、ゆうちょ銀が14年3月末と比べて約20兆円、かんぽ生命は約4兆円それぞれ減少した。一方で外国債券や国内株式などリスク資産への投資を増やしている。

15年3月末時点のゆうちょ銀の国債保有残高は14年3月末比19兆6240億円減の106兆7670億円だった。14年3月末は126兆3910億円だった。運用残高に占める国債の割合をみると、15年3月末は51.8%と14年3月末の63.0%から低下した。一方、外債など外国証券の残高は10兆1623億円増の32兆8936億円。割合は14年3月末の11.3%から15.9%に上昇した。国内株式への投資は14年3月末比5367億円増の約2兆1500億円だった。

かんぽ生命の国債保有残高は4兆4365億円減の48兆864億円。14年3月末は52兆5229億円だった。15年3月末の割合は56.6%で、14年3月末の60.3%から低下した。国内株式への投資は6319億円増の1兆489億円となった。

日本郵政が4月に公表した中期経営計画では、ゆうちょ銀の運用戦略を見直し、18年3月末までに外国債券や株式などリスク資産への投資を現状より約3割多い60兆円程度にする目標を掲げている。

日本郵政の市倉昇常務執行役は同日の記者会見で、今後の運用見通しについて「(国債への投資は)低金利の中で非常に厳しく、リスク管理を行いつつ、(資産の)多様化をする。低金利が続けばそのような傾向は続かざるを得ない」との方針を示した。

一方、日本郵政の15年3月期の連結決算は、純利益が0.8%増の4826億円、経常利益は1.1%増の1兆1158億円。売上高にあたる経常収益は6.4%減の14兆2588億円だった。16年3月期の連結決算見通しは、上場を控えていることから公表を見送った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン