日銀総裁「物価、当面ゼロ%で推移する」

2015/9/15付
保存
共有
印刷
その他

金融政策決定会合後、記者会見する黒田日銀総裁(15日午後、日銀本店)

金融政策決定会合後、記者会見する黒田日銀総裁(15日午後、日銀本店)

日銀の黒田東彦総裁は15日、金融政策決定会合後に記者会見し、最近の株価変動について「中国経済などを材料視している」と分析し、「引き続き注意深くみていきたい」と語った。景気判断については「緩やかな回復を続けている」と前回の判断での表現を踏襲したが、「輸出・生産面に新興国経済の減速の影響がみられるものの」との表現を加えた。

輸出や生産は「このところ横ばい圏内」とし、個人消費は「底堅く推移している」、住宅投資は「持ち直している」などと指摘した。

物価は「当面ゼロ%程度で推移する」としたうえで「2%の目標に向け上昇率を高めていく」との見通しを示した。目標の達成を巡っては「原油価格の動向で多少前後する」ものの「来年度の前半頃に2%に達する可能性は高い」と述べた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]