2/25 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: NYダウ1031ドル急落、世界株安連鎖 感染拡大に身構え
  2. 2位: マネー萎縮が加速、金利は過去最低迫る 米景気に警戒感
  3. 3位: 東京エレクトロン、半導体市況回復に2つのシナリオ[有料会員限定]
  4. 4位: アジア・欧州で株安連鎖、新型肺炎を警戒 日経平均先物も海外で…[有料会員限定]
  5. 5位: 肺炎禍でダウ急落 米市場関係者の見方[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,377,061億円
  • 東証2部 73,258億円
  • ジャスダック 95,642億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率15.15倍15.88倍
株式益回り6.59%6.29%
配当利回り1.99% 2.01%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,676.09 -710.65
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
22,550 -740

[PR]

注目株概況

<東証>アドテストなど半導体関連軟調 米中摩擦で「方針修正迫られる」

2019/4/15 13:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

(13時20分、コード6857)アドテストが反落している。一時前週末比35円(1.1%)安の3070円を付けた。きょうは日経平均株価が2万2000円台を回復するなど相場環境が良好ななかで逆行安となっている。米中のハイテク摩擦の高まりを受け、半導体製造装置の米アプライドマテリアルズ(AMAT)が一部中国企業との取引を中止すると報じられたことを受け、国内の半導体関連株にも影響を懸念した売りが出ている。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム