/

この記事は会員限定です

株、2万2000円演出した「中国」と「財政出動」

[有料会員限定]

15日午前の日経平均株価は3日続伸し、前週末比320円高の2万2190円で終えた。2万2000円を上回るのは昨年12月4日以来およそ4カ月ぶりだ。幾度となく阻まれてきた心理的節目を大きく突破したのは、世界経済を取り巻く2つの要因が好転し日本株にも恩恵が広がった面が大きいようだ。

「円安進行を追い風にファンダメンタルズを重視するマクロ系ヘッジファンドが先物に買いを入れると、持ち高が売りに傾いていた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り897文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン