/

この記事は会員限定です

株、為替条項言及でマネー逆回転か ファンド勢「円買い・株売り」加速も

[有料会員限定]

日本株相場が下値を探り始めている。15日午前の東京株式市場で日経平均株価は前週末比315円(1.39%)安の2万2379円で終え、長期の株価トレンドを示す200日移動平均(2万2505円)を明確に下回っている。世界同時株安の流れは前週末でいったん落ち着いたかと思えたが、日本固有の買い材料に乏しい中、米高官が改めて焦点にし始めた「為替条項」で投資マネーが逆回転するとの懸念が相場に影を落としている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り929文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン