2018年6月21日(木)

円、106円30銭近辺まで上昇 財務相「介入必要な状況でない」蒸し返す

2018/2/15 11:52
保存
共有
印刷
その他

1ドル=106円台後半で推移する外為市場(15日午前、東京都港区の外為どっとコム)

1ドル=106円台後半で推移する外為市場(15日午前、東京都港区の外為どっとコム)

 15日午前の東京外国為替市場で円相場は再び上げ幅を広げた。11時30分すぎに1ドル=106円30銭近辺と2016年11月以来およそ1年3カ月ぶりの円高・ドル安水準を付けた。麻生太郎財務相が15日午前の衆院予算委員会で、現在の為替相場について「特別に介入が必要なほどの水準ではない」との趣旨の発言をしたことを蒸し返し、円買い・ドル売りが活発になっている。市場では「一部の投機筋には『円高容認』と受け止められたようだ」との声があった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報