/

この記事は会員限定です

株、「空中戦」に欠く強気 中小型物色で強まる足踏み感

[有料会員限定]

15日午前の東京株式市場で日経平均株価は反発。前日比164円高の2万3305円で終えた。上げ幅は一時200円に迫り見た目は派手だが、米中貿易交渉を巡る米高官の発言に反応した先物主導の売買で「空中戦」のムードも漂う。市場によく目を凝らすと、米中交渉の動向に押し流されまいと、足元の主力株の上昇で出遅れていた中小型で業績好調な内需系株に資金を避難させる動きが目立っている。

日経平均は小幅高で始まったあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1255文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン