イントレピッド、米デルタのスカイマーク支援案を債権者に説明

2015/7/15付
共有
保存
印刷
その他

 米リース会社のイントレピッド・アビエーションは15日、民事再生手続き中のスカイマークの再生計画案について都内で債権者向け説明会を開いた。説明会では米デルタ航空による支援が得られた場合の再生計画案を説明。米デルタの支援を受けることで債権者への弁済条件が向上するとして支持を訴えている。

 イントレピッド案によると、デルタがスポンサーに就任した場合、イントレピッドは債権のうち300億円を任意に取り下げる。これにより少なくとも15億円を弁済原資に充当できるため、スカイマーク案と同様の基本弁済に加え早期の追加弁済を実施できるとした。イントレピッド案の否決や、インテグラルがデルタのスポンサー就任を拒否した場合は取り下げを行わない。

 イントレピッドは8月5日に予定する債権者集会で同社案が可決・認可された場合、デルタがスポンサーになるための条件を公開。スカイマークとインテグラル、デルタの間でスポンサー契約と株主間契約などを締結し、デルタからスカイマークへの出資が実行されることが条件となる。

 デルタのスポンサー条件を満たせない場合、インテグラルの100%出資でスカイマークは当面の間、航空会社の支援なく運営を継続する。弁済の仕組みもスカイマーク側の案とまったく同様になる。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 9:59
2:00
東京 15:30
11:34
信越 2:00
2:00
東海 11:30
4:00
北陸 2:00
2:00
関西 12:00
11:30
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
15:12
12:16

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報