/

この記事は会員限定です

三井不と住友不が呉越同舟 八重洲でみせた深謀遠慮

不動産の現場から

[有料会員限定]

ドタバタ劇のあげく従業員によるTOB(株式公開買い付け)が成立して上場廃止となった不動産会社ユニゾホールディングス。相次いで手放した物件のうち東京駅前に位置する大型ビルを落札したのは住友不動産だった。市場関係者が驚いたのは、同ビルが位置するのが三井不動産が有力な権利者として再開発を進めるエリアだったからだ。住友の落札によって、ライバル関係にある大手不動産会社が協力して再開発に臨むことになった。そこには財務状況をにらん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1452文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン