米著名投資家ポールソン氏 アップル株を新規取得 ファイザー株は売却

2017/8/15 7:16
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】著名投資家ジョン・ポールソン氏の率いるポールソン・アンド・カンパニーが2017年4~6月期にアップル株を新規取得していたことが明らかになった。14日に米証券取引委員会(SEC)に提出した四半期の保有有価証券報告書でわかった。

報告書によると、ポールソン氏のファンドは6月末時点でアップル株を1万2300株、金額換算で177万ドル(約1億9000万円)保有していた。携帯電話のTモバイルUS、アマゾン・ドット・コム株の保有を増やした一方、テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ株は減らした。ファイザーやバイオジェンの保有株はすべて売却した。

代表的なドル建ての金の上場投資信託(ETF)である「SPDRゴールド・シェア」の保有口数は変えなかった。

一方、米著名投資家デービッド・アインホーン氏が率いるグリーンライト・キャピタルは4~6月期にヒューレット・パッカード・エンタープライズ株を新たに445万株取得した。半導体のマイクロン・テクノロジー株の保有を増やす一方、アップル株の保有を小幅ながら減らした。タイムワーナーや保険のシグナ株はすべて売却した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]