/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト ダウ1カ月ぶり高値 「優等生」は慎重見通し

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=川内資子】14日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比558ドル高の2万3949ドルと3月10日以来ほぼ1カ月ぶりの高値で終えた。新型コロナウイルスの感染拡大がピークに近づき、経済活動が早期に再開するとの期待から幅広い銘柄が買われた。米主要企業の先陣を切って2020年1~3月期決算を発表した「優等生」の業績からは市場に広がる楽観の危うさがうかがえる。

カリスマ経営者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1213文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン