2017年12月11日(月)

世界でCDSが上昇、日本は半年ぶり高水準
地政学リスク警戒

2017/8/14 18:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 債券の信用リスクを取引するクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、日本や米国をはじめとして世界的に国債の保証料率が上昇している。日本の5年物国債のCDS保証料率は14日に27.00ポイント(1ポイント=0.01%)と前週末11日に比べて1.5ポイント上昇した。2月16日以来およそ半年ぶりの高水準を付けた。100円あたり27銭の保証料がかかる計算だ。米国の5年物国債のCDSも31.50ポ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

CDSクレジット・デフォルト・スワップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報