黒田日銀総裁、イールドカーブ「下に行けば行くほどいいものではない」

2016/11/14 11:40
保存
共有
印刷
その他

日銀の黒田東彦総裁は14日、名古屋市で開いた金融経済懇談会で講演し、長短金利操作を導入した背景について「イールドカーブ(利回り曲線)がフラット(平たん)になればなるほど、下に行けば行くほどいいというものでもない」と述べた。「半年間のマイナス金利の経験、3年半の量的・質的金融緩和の経験を踏まえ、副作用なく2%の物価安定目標を達成するための枠組み変更」とした。イールドカ…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]