2017年11月22日(水)

米アトランタ連銀総裁、現行の金融政策「中立ではなく緩和的」

国際・アジア
2017/11/15 3:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】米アトランタ連銀のボスティック総裁は14日講演し「今後数年にわたる緩やかな利上げが適切だ」との見解を示した。現行の金融政策は「中立というよりとても緩和的だ」と指摘した。利上げペースは「今後の経済動向による」との発言にとどめた。

 「米労働市場は完全雇用に近い」との認識も示した。「失業率は4%台前半を維持し、賃金は緩やかに上昇するだろう」と予想した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報