/

この記事は会員限定です

「SBGクジラ」波乱再来か 米株オプション満期で

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

金融派生商品(デリバティブ)の一種で、あらかじめ決められた価格で契約が実行できる権利(オプション)を使ったソフトバンクグループ(SBG)の米ハイテク株強気ポジションが取り沙汰されてから1カ月半が経過した。米オプション市場では16日に主な10月物の満期を迎えることから、再び、オプションの持ち高調整に伴う株式相場の波乱を警戒する声が増えている。

「またもやクジラの出現か」。コロンバスデーの祝日で債券市場が休場だった12日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン