日経平均VIが1カ月ぶり低水準 プット買い持ち高の圧縮進む

2020/4/14 14:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

14日の株式市場で日経平均株価を対象としたオプションの価格から算出する日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)が急落している。後場に入り下げ幅を広げ、前日比で一時6.46ポイント(15.2%)低い36.10を付けた。取引時間中では3月9日以来、1カ月ぶりの水準まで低下した。

中国税関総署が発表した202…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]