2019年8月23日(金)

米銀行株が大幅安 利回り逆転で利ざや縮小を警戒

2019/8/14 23:34
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=岩本貴子】14日の米株式市場で大手銀行株が軒並み大幅安になっている。JPモルガン・チェースは前日比3.3%安の105.76ドル、ゴールドマン・サックスは3.2%安の197.66ドルを付ける場面があった。14日の米国債市場で10年債と2年債の利回りが一時、12年ぶりに逆転した。融資の利ざや縮小につながるとの思惑から売りが集まった。

バンク・オブ・アメリカとモルガン・スタンレーは3.6%安まで下げる場面があった。

米銀行の2019年4~6月期決算は調達金利が上昇する一方で貸出金利は低下し、1~3月期に比べて利ざやが縮小した。JPモルガンの場合4~6月期の貸出金利は5.36%で、19年1~3月期に比べて0.05ポイント低下した。景気減速懸念が強まり、物価低迷が長引くとの見方が広がれば長期金利には低下圧力がかかる。利ざや回復に時間がかかり、銀行収益を圧迫しかねない。

14日朝の米国債市場の時間外取引で2年債利回りが1.59%と10年債利回りの1.57%を一時上回った。利回り逆転は景気後退の前触れとされる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。