/

この記事は会員限定です

コロナ不況、GDP速報が伝えきれない深刻さ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が景気に落とす影は大きくなりそうだ。2020年1~3月期の国内総生産(GDP)からその影響が数字に表れ始めるとみられるものの、注意が必要なのが5月発表のGDP速報値ではサービス業が大きく悪化する実態がつかめない可能性がある点だ。GDPを計算する際の基礎統計のなかで、新型コロナが直撃するサービス業の統計が速報段階では間に合わないからだ。

「1~3月期の速報値では景気悪化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り939文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン