/

この記事は会員限定です

マザーズ指数、一時14年ぶり高値 市場関係者に聞く

「新政権で雰囲気一変」「構造改革進めば最高値も」

[有料会員限定]

14日の新興企業向け株式市場で東証マザーズ指数が一時1368台まで上昇し、取引時間中として2006年8月下旬以来約14年2カ月ぶりの高値をつけた。年初からの上昇率は50%を超えており、新型コロナウイルスの影響を感じさせない強さといえる。過熱感も指摘されているが、資金流入による先高観を背景とした個人投資家の買い意欲は強い。今後の見通しを市場関係者に聞いた。

「新政権発足で雰囲気一変、IT関連株に強さ」

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り940文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン