/

ヤクルトの20年3月期、純利益4%増の365億円予想 アジアの好調見込む

ヤクルト本社は14日、2020年3月期の連結純利益が前期比4%増の365億円となり、7期連続で過去最高益になりそうだと発表した。アジア・オセアニア地域を中心に海外の飲料・食品事業の伸びを見込む。

売上高は3%増の4200億円となる見通し。アジア・オセアニア地域や米州、ヨーロッパで伸びを見込む。飲料および食品製造販売事業の国内売上高は、乳製品の販売増を見込むが、前期に生産機器の売り上げが好調だった反動で減収となる。

同日記者会見した島田淳一執行役員は中国事業について「拠点開設による販売地域の拡大とともに既存地域でも販売を伸ばせる」との見方を示した。

併せて発表した19年3月期の連結決算は、売上高が前の期比1%増の4070億円、純利益が3%増の349億円だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン