9/25 8:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 企業統治の根幹に疑義 議決権不適切集計[有料会員限定]
  2. 2位: 住友不動産、「丸の内」に劣らぬビル賃貸の稼ぐ力[有料会員限定]
  3. 3位: NYダウ小反発52ドル高 ハイテク株上昇、景気懸念は重荷
  4. 4位: 金融庁総合政策局長「顧客本位の業務運営、定着道半ば」[有料会員限定]
  5. 5位: 米住宅市場はバブルか(NY特急便)[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,187,183億円
  • 東証2部 67,337億円
  • ジャスダック 96,720億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.54倍24.75倍
株式益回り5.11%4.04%
配当利回り1.94% 1.72%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,087.82 -258.67
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
22,920 -270

[PR]

国内株概況

株、ハイテク売りに透ける「買いたい弱気」
調整期間は3日?

2020/7/14 13:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

14日午前の日経平均株価は、前日と比べた下げ幅を200円に広げそうで広げない底堅い動きとなった。きのうの米国株は高値警戒感の出ていたハイテク株を中心に売りが出て、ナスダック総合株価指数は2%超の下げとなった。ただ日本の半導体関連銘柄などは下値を一方的に探る展開にはならなかった。「ウィズコロナ」や「アフターコロナ」下での数少ない有望業種だけにハイテク株人気は衰えを見せておらず、買いの機会をうかがう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム