2019年9月16日(月)

出光興産の今期、純利益63%減に下方修正 原油安で在庫評価益減

2019/2/14 15:45
保存
共有
印刷
その他

出光興産(5019)は14日、2019年3月期(今期)の連結純利益が前期比63%減の600億円になりそうだと発表した。従来予想(14%減の1400億円)から800億円下方修正した。原油価格の下落で在庫評価益が減少するほか、ガソリンなど石油製品の販売マージンが悪化する。持ち分法投資利益が減益となったことや、4月に予定する昭和シェル石油(5002)との経営統合に関連した費用も増え、利益の重荷になる。

売上高は14%増の4兆2700億円の見通し。従来予想の15%増の4兆2800億円から100億円下方修正した。ドバイ原油価格の前提を1バレル70.5ドルから68.4ドルに変更した。

同時に発表した2018年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比30%減の1017億円、売上高は25%増の3兆3401億円だった。本業のもうけを示す営業利益は8%減の1432億円だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。