2018年11月20日(火)

11/20 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日産自株、私設取引で3%安 東京地検特捜部がゴーン会長を事情聴取との報道[有料会員限定]
  2. 2位: RIZAP、「負ののれん」営業利益の6割に[有料会員限定]
  3. 3位: クジラが買う脱炭素銘柄 弱気相場の支え期待[有料会員限定]
  4. 4位: 落日GE、もろ刃の効率経営(一目均衡)
  5. 5位: 市場予想との乖離率 ソニーや京セラが上振れ[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,821.16 +140.82
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,840 +190

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

11月19日(月)14:18

官房長官「米中の動向注視」 APEC首脳宣言断念で[映像あり]

日銀 決済機構局長に金融機構局審議役の木村武氏

11月19日(月)13:01

[PR]

NQNスペシャル

フォローする

株2万1000円割れ ドル高時代の終わり暗示、黒田日銀に試練
日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

2018/2/14 14:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本株がにわかに円高・ドル安の逆風を受けている。14日は日経平均株価が一時、約4カ月ぶりに2万1000円を割り込んだ。日本は米国に比べ金融緩和の余地が少なく、金融市場の混乱時に円高圧力がかかりやすい。日銀が上場投資信託(ETF)買いを通じて大量の浮動株を吸い上げた結果、日本株は流動性が低下している。投機マネーは再任が固まった日銀の黒田東彦総裁の弱みを見透かすように動き始めた。

13年春に黒田氏が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム