/

三菱ケミHDの20年3月期、純利益1%減予想 アクリル樹脂原料など不振

三菱ケミカルホールディングスは14日、2020年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比1%減の1680億円になりそうだと発表した。自動車用電池材料や高機能プラスチックなどの機能商品事業が伸びる半面、樹脂原料やヘルスケア事業が振るわず、利益を圧迫する。

売上高にあたる売上収益は4%増の4兆800億円、一時的な損益を除いた本業のもうけを示す「コア営業利益」は5%減の3000億円を見込む。アクリル樹脂原料「MMA(メタクリル酸メチル)モノマー」の需要が、前期の後半から中国向けを中心に鈍化しており、今期も軟調な市況が続くとみる。医薬品分野は薬価改定の悪影響やロイヤルティー収入の減少を見込む。

記者会見した伊達英文最高財務責任者は、足元の米中の関税引き上げ合戦の影響について「まだ分からない」との認識を示した。年間配当は前期と同じ40円を計画する。

併せて発表した19年3月期の連結決算は、売上収益が前の期比5%増の3兆9234億円、純利益が20%減の1695億円だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン