2018年5月25日(金)

5/25 11:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、ダウ反落し75ドル安 北朝鮮リスクで市場心理が悪化 長期金利低下は支え
  2. 2位: 市場が見透かすトランプ氏の「はったり」[有料会員限定]
  3. 3位: 三井不動産、今度のジャパンマネーはひと味違う[有料会員限定]
  4. 4位: 小野薬品、「オプジーボ頼み」のジレンマ[有料会員限定]
  5. 5位: NY商品、原油が続落 ロシア・OPECが減産緩和の思惑 金は反発

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,457.20 +20.19
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,440 +30

[PR]

NQNスペシャル

フォローする

マレーシア株、政権交代後初の取引 銘柄で明暗くっきり

2018/5/14 15:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNシンガポール=村田菜々子】9日の総選挙で建国以来初の政権交代が決まったマレーシアで14日、選挙後初の取引が始まった。選挙後、市場関係者の間では、経済政策が不透明などの理由から株には売りが先行するとの見方が多かった。しかし、いざ市場が開いてみると、新政権への改革期待が相場を下支えし、足元では堅調に推移する。個別銘柄に目を向けると、新政権の公約を手掛かりに急騰・急落する銘柄が目立つ。

 14日の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム