/

大塚HDの1~3月期、純利益16%減 開発費増が響く

大塚ホールディングスは14日、2019年1~3月期の連結純利益(国際会計基準)が前年同期比16%減の191億円だったと発表した。医療関連事業で主要医薬品の販売が好調で売上高は伸びたものの、研究開発費の増加などが響いた。

医療関連事業は主力の抗精神病薬や国内新薬などが好調で、売上高にあたる売上収益は7%増の3139億円だった。ただ、医薬品の研究開発費や「ポカリスエット」などの健康食品事業における広告宣伝費・販売促進費などの増加が利益を圧迫し、営業利益は10%減の312億円だった。

19年12月期通期の連結業績予想は据え置いた。売上高は前期比8%増の1兆3900億円、純利益は33%増の1100億円を見込む。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン