/

この記事は会員限定です

<東証>百貨店株、明暗分かれる 赤字転落の高島屋に売り、Jフロントは上昇

[有料会員限定]

(10時30分、コード8233など)百貨店株で明暗が分かれている。高島屋は一時、前日比35円(4.0%)安の831円まで下落した。未定としていた2021年2月期の連結最終損益が365億円の赤字(前期は160億円の黒字)になる見通しだと13日に発表したことが売り材料視された。

一方、Jフロント(3086)は一時5.5%高となった。同社はすでに9月29日の時点で21年2月期の連結最終損益(国際会計基準)が186億円の赤...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り235文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン