/

東芝の最終赤字122億円 4~6月、家電など苦戦で

東芝が14日発表した2015年4~6月期の連結決算米国会計基準)は、最終損益が122億円の赤字(前年同期は167億円の黒字)だった。家電や社会インフラなど全ての部門で苦戦した。4~6月期としては3年ぶりの最終赤字となった。16年3月期通期の業績予想は非開示とした。

売上高は前年同期比5%減の1兆3498億円だった。テレビやパソコンで販売地域を絞り込んだことで大幅な減収となった。営業損益は109億円の赤字(前年同期は476億円の黒字)だった。パソコンやテレビなど家電、太陽光発電や原子力発電などで採算が悪化した。事業の部門を社会インフラやライフスタイルなど6つに区分しているが、全ての部門で採算が悪化した。

東芝は過去の決算で、足元の利益を出すために費用の先送りを続けていた。本来の保守的な会計処理に訂正したことで、本業の不振が明らかになったかっこうだ。

4~6月期決算を8月14日までに発表する必要があった。しかし、工事進行基準などを巡る会計不祥事に関連して、四半期報告書の提出が1カ月遅れた。30日に開催する臨時株主総会で資生堂相談役の前田新造氏を取締役会議長に選任、新体制で経営の立て直しを目指す。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン