/

JAL、国際線の中長距離LCC新設を発表 20年就航目指す

日本航空(9201)は14日、国際線の中長距離の格安航空会社(LCC)の新会社を設立すると発表した。まず準備会社を7月に設立し、成田国際空港を拠点としてアジア・欧米などの中長距離の国際線を2020年めどに就航する予定。資本金や出資額は今後決定するが、JALの連結子会社とする。また当初は2機のボーイング787-8型機を使用するという。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン