2019年9月17日(火)

SMBC日興、19年度成長率予想を0.9%に上方修正 設備投資など反映

2019/8/14 12:46
保存
共有
印刷
その他

SMBC日興証券は14日、2019年度の実質国内総生産(GDP)の成長率が前年度比0.9%になるとの見通しを発表した。前回(6月)の予想から0.1ポイント上方修正した。足元で好調な設備投資や住宅投資を織り込んだ。米中貿易摩擦や国内の消費増税が成長率の押し下げ要因となるものの、半導体サイクルの底入れなどで国内景気は緩やかな持ち直しを予測する。

内閣府が9日発表した4~6月期のGDP速報値は物価変動の影響を除く実質で前期比年率1.8%増だった。個人消費や設備投資、公共投資などの内需が好調ななか、景気の下押し要因だった輸出の下げ止まりがみられるという。

14日に記者会見した牧野潤一チーフエコノミストは「携帯電話やサーバーなどの最終需要が反転してきた」と指摘する。今後、ハイテク分野を中心とした生産調整が一巡していくと予想する。

20年度の実質GDP成長率は前回予想から据え置き、19年度比0.9%とした。

秋の消費増税については大幅な駆け込み需要や反動減は起きず、仮に国内景気が悪化したとしても追加の景気対策や日銀による追加緩和で緩やかな経済成長が続くとした。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。