/

この記事は会員限定です

株、驚きの関税先送りに投資家踊らず 際立つ景気減速懸念

[有料会員限定]

14日午前の日経平均株価は前日比129円高の2万0584円で終えた。米通商代表部(USTR)がほぼ全ての中国製品に制裁関税を広げる「第4弾」について、一部品目の発動を9月から12月に先送りすると電撃的に表明し、米中対立への警戒感がやや和らいだ。しかし、朝高後はじりじりと伸び悩む展開。米中の貿易摩擦が本格的に緩和されると予想する向きは少なく、上値を追って買いを入れる投資家の乏しさが際立った。

US...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1415文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン