2017年11月21日(火)

NY原油、一時1バレル50ドル台 1カ月ぶり、需要見通し引き上げ続く

2017/9/14 23:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNニューヨーク=森田理恵】14日朝のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場が上げている。指標であるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の10月物は1バレル50.07ドルと、8月10日以来およそ1カ月ぶりに節目の50ドルを回復する場面があった。今週に入って原油需要の見通し引き上げが相次いでいる。中長期的な需給改善への期待を背景にした原油先物の買いが続…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

WTIOPECニューヨーク・マーカンタイル取引所



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報