2017年11月23日(木)

NY円、一時111円台に下落 1カ月半ぶり、米物価上昇が市場予想上回る

2017/9/14 22:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNニューヨーク=森田理恵】14日朝のニューヨーク外国為替市場で円が対ドルで売られ、一時1ドル=111円05銭を付けた。111円台に下げるのは8月4日以来およそ1カ月半ぶり。朝方発表された8月の消費者物価指数(CPI)は前月から0.4%上昇した。市場予想(0.3%程度の上昇)を上回り、1月以来7カ月ぶりの高い上昇率となった。前年同月比では1.9%上昇と米連邦準備理事会(FRB)の政策目標である…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

ニューヨーク外国為替市場物価上昇FRB



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報