/

この記事は会員限定です

「ポケモノミクス狂想曲」活況の陰でベテランのため息

[有料会員限定]

株式市場で任天堂の人気が沸騰している。新ゲーム「ポケモンGO」の配信が始まった海外での熱狂が先行きへの期待を膨らませ、大量の資金が流入した。15日の売買代金は4700億円を超える異様な大きさとなった。証券業界も活況に沸いているが、目を凝らすとため息を漏らすベテラン証券マンの姿も垣間見える。

「活況な取引に併せて個別株を勧められる営業担当者がいない。残念この上ない」。任天堂株の人気を横目に、ケイ・アセット...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン