/

電通の1~9月期、純利益92%減 人件費やIT投資が重荷

電通(4324)が14日発表した2019年1~9月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益は前年同期比92%減の47億円だった。国内外の企業買収による新規連結効果はあったものの、人件費やIT(情報技術)投資など費用がかさんだ。前期に計上したカカクコム株など株式売却益がなくなった反動で大幅減益となった。

売上高に当たる収益は3%増の7466億円だった。インターネット広告は好調で、ネット広告のVOYAGE GROUP(ボヤージュグループ)を今期から連結した効果や、海外でも米国や中国のマーケティング会社の新規連結が寄与した。一方で連結営業利益は36%減の370億円だった。人材投資やITシステム投資などの費用負担が重荷となった。

2019年12月期通期の連結業績予想は据え置いた。収益は前期比4%増の1兆544億円、純利益は60%減の358億円を見込む。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン