昭和産、ボーソーを1株1080円でTOB 完全子会社化へ

2020/5/14 15:53
保存
共有
印刷
その他

昭和産業(2004)は14日、米油大手のボーソー油脂(2部、2608)に対して1株1080円でTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。TOBで全株取得を目指し、完全子会社化する。ボーソーの完全子会社化により企業信用力や財務基盤の向上、一貫した経営体制のもとで必要な施策を講じていくことで両社の企業価値にシナジー効果が見込めると判断した。

買い付け期間は5月18日から7月13日までの41営業日。応募株式が買い付け予定株数の下限(98万7300株)未満の場合は買い付けを実施しない。TOBが成立すればボーソーは上場廃止になる見込み。

同日、ボーソーは昭和産によるTOBに賛同の意を表明した。

東京証券取引所は14日、ボーソー株を監理銘柄(確認中)に指定すると発表した。期間は14日から東証が上場廃止基準に該当するかどうかを認定した日まで。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]