/

オイシックスの4~6月期、純利益4.4倍 巣ごもり需要で

オイシックス・ラ・大地が14日発表した2020年4~6月期連結決算は、純利益が前年同期比4.4倍の11億円だった。新型コロナウイルスの影響による外出自粛や家庭調理機会の増加など巣ごもり需要により食材宅配の「オイシックス」、「大地を守る会」、「らでぃっしゅぼーや」のいずれの事業も増収増益となった。

売上高は42%増の231億円、営業利益は3.8倍の20億円だった。冷凍食品やストック品などが好調だった。新規顧客急増により販促費用を抑制できたことも寄与した。

21年3月期の連結業績予想は据え置いた。売上高は10%増の780億円、営業利益は22%増の30億円、純利益は52%増の12億円を見込む。通期営業利益予想に対する4~6月期の進捗率は69%に達した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン